試験・強度試験の新手法「MSE試験」

MSE試験は、今までは測定が困難だった「硬すぎる素材」「柔らかすぎる素材」
「強さが変化する素材」の表面強さや劣化を試験評価する唯一の手法です。

MSE試験とは

  • MSE試験の概要

    MSE試験の成り立ちや
    特徴について

     

  • MSE試験の技術

    MSE試験のメカニズムについて詳しく解説

     

  • MSE試験の位置づけ

    その他の機械的特性試験法との比較

     

  • MSE試験で
    取得できる情報

    計測できるデータや
    アウトプットされる
    グラフ

     

  • MSEマップとは

    相反する2面性を
    可視化・数値化する
    独自手法

     

MSE受託試験と試験装置

MSE試験を試してみたい方

受託試験イメージ
MSE試験の実施をお考えの方はこちらから必要事項を記入の上、問合せフォームよりご依頼いただけますよう、お願いいたします。
詳細はこちら

自社内へ装置導入をお考えの方

装置導入イメージ
自社内にMSE試験装置の導入をご検討の方はこちらからお願いいたします。装置の仕様・スペックなどもこちらからご確認いただけます。
詳細はこちら

Watch YouTube 動画でわかるMSE試験

Watch YouTube パルメソプロモーションビデオ

PERET(ピーレット)イメージ

PERET(ピーレット)

PERET(ピーレット)は、分析装置の利用範囲を広げる分析前処理用エッチング装置です。
本装置を使うことにより、既存の分析装置が試料を切断せずに断面情報を精密に得られるよう、生まれ変わります。
これまでエッチングが困難だった試料や変質が起こる試料であっても、超微粒子によるエッチングで分析可能になります。
詳しくはこちらから