MSE試験TOP MSE試験|装置解説|表面強さや材料劣化を高精度に分析する装置

INDEX  MSE試験装置解説内容

01

MSE試験装置の設置イメージ

02

動画で見るMSE試験装置

03

MSE試験装置ができること

※取得できるデータ内容につきましては[技術解説]をご参照ください。

試料表面をそのまま試験可能

およそ平坦の試料であれば表面加工等をすることなく、そのまま装置にかけて試験が可能になります。
装置にかけられる試料サイスや形状は[試験可能な範囲]をご参照ください。

連続した自動運転が可能

試験条件を設定した後にスタート。
繰り返しデータを自動で取得し、深さ方向のデータ群を得ることができます。
設定した回数が終了すると自動で停止します。
自動運転中、担当者は別の仕事が可能になります。

On-Siteでデータ確認が可能

試験で得られるデータは、その場で画面上に表示されます。
連続した取得データ(プロファイル、進行グラフ、エロージョン率グラフ)を画面表示します。
試料の様相や分布がその場で観察できます。

試験目的に合わせた設定が可能

通常の試験は標準条件を推奨します。
深さ分解能に合わせて投射ピッチ等を設定できます。
特殊条件の設定も可能です。その場合は弊社に相談ください。
投射粒子の選択も可能です。その場合は弊社に相談ください。

取得データのOut-Putが可能

分析・評価・報告書作成用に取得データを取り出すことができます。
多くの試験の比較評価用にも便利です。

様々な材質や構造の材料試験が可能

基本的に水に溶けない材料であれば試験可能です。
試験条件の設定などは多くの試験実績からご提案できます。ご相談ください。

動画によるエロージョン痕(摩耗痕)の観察が可能

形状計測位置の確認用にカメラ映像を用意しています。
同時にエロージョン痕の進行具合や研磨表面状態の観察が可能になります。

試験可能な範囲

04

動画で見るエロージョン痕

エロージョン痕進行の動画をご覧ください。
形状計測針の動きと共に、試験が進むに従い研磨痕の様相変化が観察できています。
特別な材料評価時には評価用のアシスト画像としてお役に立ちます。

05

MSE試験の試験プロセス

06

仕様の詳細

基本仕様

装置名 エム・エス・イー
型式 MSE-A
エロージョン部 試験片寸法 25mm×25mm×t10mm以内
エロ―ジョン面積(試験痕) 1mm×1mm 角形
使用粒子 標準:多角アルミナ(1.2μm) オプション多数
スラリー濃度 標準:3mass% オプション多数
投射力調整範囲 標準:1/1~1/100
単位投射量設定範囲 粒子量にて0.5g~999g
溶液 標準:膜口過純水 + 0.2%分散剤
プロファイル計測部 計測方式 触針式2次元形状計測
X軸計測長 最大7mm(分解能1μm)
Z軸計測高さ ±300μm(分解能 10nm)~±30μm(分解能1㎚)
計測部観察カメラ ビデオキャプチャー付
パソコン・計測点設定・取得データ パソコンOS Windows10
深さ計測点設定数 1~999
取得データ エロ―ジョン進行グラフ、エロ―ジョン率分布グラフ、プロファイル重ね合せ機能、ほか
ユーティリティ 電源 AC100V、50/60Hz、1.5KVA
圧縮空気 クリーンエアー
圧力0.55MPa、流量40Nℓ/min
その他 排気:ダクト接続、 排水:バケツ受け
装置寸法・重量 寸法 W1,000×D620×H720mm(本体部)
重量 140kg

オプション

お問い合わせ下さい。
※製品の改良に伴い、仕様・外観を変更する場合があります。