MSE試験で取得できる情報

装置には専用ソフトが組み込まれ以下の情報が引き出せるように設計されています。また受託試験の報告書に記載する情報も同様に提供されます。

その1 エロージョンプロファイル進行図

エロージョン痕を投射毎にプロファイル計測したデータを重ね合わせ表示し深さ方向の変化を可視化したものです。このように材料の強さ断面分布の観察に使えます。

その2 エロージョン進行グラフ

エロージョン痕の形状プロファイルから深さを算出して投射累計粒子量と深さの関係を示した情報(グラフ化)です。投射量は表面に投入したエネルギー量にあたりエネルギーの何割かが損傷(エロージョン深さ)に使われることから、投入エネルギーとエロージョン深さの関係を示しその傾きはエロージョン速度(エロージョンのしやすさ)となり材料の強い・弱いなどの情報となります。基材とコーティングの曲線の変化からコーティングの厚さも計測できます。

その3 エロ―ジョン率分布グラフ

上記のエロージョン進行グラフから強さの分布を解り易くするために曲線の傾斜を微分してエロージョン率(上記のエロージョン速度と同じ)に変換した。このエロージョン率の単位は「㎛/g」で強さの単位とし評価尺度にしています。グラフから深さ方向のエロージョン率(強さ)のほぼ連続した情報が得られ、精密な評価に役立ちます。もちろんそれらは数値化が可能なことをグラフは示しています。

その4 MSEマップ

材料の強さをヤング率モードと脆性モードで数値化して比較検討や開発傾向を確認する目的で作られた情報です。詳しくは「MSEマップ」にお進みください。

MSE試験の依頼をご検討の方はこちら
MSE試験依頼の流れ

MSE試験装置について知りたい方はこちら
MSE試験装置の紹介