鉄鋼表面処理硬さ

鉄鋼材料の表面処理はMSE試験の中では特殊分野に属します。一般的な硬さ試験であるビッカース硬さと相関する試験ができ表面から深さ方向に0.5μmピッチで深さ方向の硬さ分布が数値化できます。

これまでの試験事例では焼き入れ硬さ、窒化処理、浸炭処理、TD処理、その他特殊な硬化処理などがあります。変わったところでは化成処理などの化学的処理も試験事例があります。硬さとは相関しませんがより微小粒子を使うとサブミクロン分解能で材料硬軟分布や表面下の通常見えない不良層の特定などの実績があります。

たとえば均質な材料(硬さ試験片など)は均一な形状や表面粗さを保ってエロージョンが進みますが、均一性が悪い場合は形状内に大きな山谷が発生したり、表面粗さが急速に変化したりします。このような傾向は表面処理をした材料の界面に顕著にみられます。

このように材料品質、熱処理後の材料変化などがエロージョン形状から観察できることもMSE試験の特徴です。開発の試験評価のみでなく不良解析などにこれまでにない情報を提供できます。

鉄鋼表面処理硬さの試験事例