浮彫研磨

フィラー入り樹脂の内部構造分析事例

機械研磨の場合

樹脂がフィラーに移着し、詳細な分析が困難。また損傷も起きやすい。

PERETの場合

移着や損傷が起こりにくい。また材質違いが浮き彫り(3D)になり観察しやすい。その為、樹脂とフィラーの界面が本来の姿で観 察、分析でき、鮮明なEDS分析も可能になる。