斜め研磨

アルミ表面アルマイト処理の分析事例

断面観察の場合

アルマイト内の空孔が少量しかみられず、封口処理の様子が観察できない(空孔が機械研磨の移着で埋まってしまう?)。また、アルミとアルマイトの界面が不鮮明である。

PERETの場合

アルマイト層と基材のアルミの界面が鮮明、かつ基材アルミの凹凸がそのままアルマイトの凹凸となっている様子が見える。光学顕微鏡では、封口処理が確認できアルマイトの凹凸が見える。