ブログメルマガ 長岡にロシアの風景・・/MSEの “E” について

本号の話題

◆思いつくままに:長岡にロシアの風景・・今どこに
◆少し役に立つこと:MSEの “E” について

思いつくままに:長岡にロシアの風景・・今どこに

長岡には日本で一番長い信濃川が町中央に堂々と流れています。
その川幅は1kmにもなり有名な??長岡花火の会場にもなっています。
普段の水が流れる川幅は100mくらいで空いている両岸は畑や河川敷公園になっています。
時々大水になり増水して全部流されたりして、
特に去年は上流の長野千曲川が決壊した時期には1日遅れで大増水し
川幅1kmが現実化し、河川敷は全滅してしまいました。

信濃川には大きな橋が5本かかっています。
実は北側(新潟市より)2本の橋、長岡大橋と蔵王橋の河川敷は管理区域外で
長年の間に雑木が成長し立派な雑木林が川面まで迫っています。
大きな川と雑木林は絵になります。
特に蔵王橋下流の風景は映画「戦争と平和」に出てくるロシア雑木林の風景に似ています。
夕方は絶景でさみしそうな、哀愁を含んだ風景は映画そのものです。
同じような風景は上高地にありますが少し明るくて、違うかな~と感じます。

その雑木林が今大変です。
先にお話しした去年の洪水で雑木林が倒れたこと、
水に流れに抵抗となることがわかり、伐採が始まっています。
風景が無くなってしまいます・・・さみしいな~
新しい風景はただただ広い河川敷が想定されます・・1Km幅の空間。
それも一興でしょうか。
隠れた風景の紹介でした。

>>とりあえず親方 松原亨 でした。

 

少し役に立つこと:MSEの “E” について

当社のMSE試験は Micro Slurry-jet Erosion(マイクロ スラリージェット エロージョン)試験の略称です。
行間も足すと、その意味はこんな感じです。

『Micro』  ⇒ マイクロメートル(10-6m)サイズの固体微粒子を
『Slurry-jet』⇒ 液体と混ぜて噴射することで
『Erosion』 ⇒ 発生するエロージョン現象を利用した試験

ここで『Erosion』って何?と思われた方のために、今日は「エロージョン」についてお話しします。

エロージョンの和訳は「侵食」で、力学的な作用により物が削り取られていく現象を指します。
“力学的な作用”というのは、風、水、砂・氷などの気体・液体・固体粒子が
衝突したことで生じる“力”が原因という意味です。
元々は地質学の分野で用いられる言葉で、アメリカのグランドキャニオンやトルコのカッパドキアなどを
イメージいただくとわかりやすいかもしれません。

カッパドキア

このような数メートル間隔の凹凸が数キロメートルも連なった摩訶不思議な地形ができる主な原因は2つあります。
ひとつは地層の中でエロージョンされやすい所とされにくい所があり、削れ方に差ができることです。
もうひとつは川の流れのようにエロージョンを起こす作用が大きい所と小さい所があり、
削れ方に差ができることです。
「削られる側の要因」と「削る側の要因」が組み合わさってできた現時点の地形を、
私たちは見ているということになります。
ちなみに、私は新婚旅行で訪れたカッパドキアで、開口一番「エロージョン」と呟いて
妻をドン引きさせた苦い経験があります。

さて、話をMSEに戻しましょう。
MSE試験のエロージョンでは「削る側の要因」を一定に保つことで、
「削られる側の要因」だけを浮き彫りにしよう、
言い換えると削れやすいところを「弱い」、削れにくい所を「強い」として
材料の強弱に置き換えしまおうという考え方に基づいています。
自然界のエロージョンよりグーっとスケールを小さくしていますので、
キロメートルサイズの地形を測定することはできませんが、
1ミリメートルの測定範囲の中を 1マイクロメートル以下という
ミクロなサイズの強弱に分解して探索できる仕組みなんですよ。

MSE試験のエロージョン

次にお目にかかるときは、MSE試験の“E”を制御するための
【気体・液体・固体】の役割についてお話ししようと思います。

>>シグノ_ライトブルー 勝俣

最後までお読みいただき、ありがとうございました。