メルマガvol.2 超硬質材料・薄膜へのMSE試験の活用

材料の性質解析や品質管理

ダイヤやセラミックスの焼結体やガラスなどの硬質で脆性のある材料、 DLCコートやセラミックスコートやセラミックス溶射など薄くて硬く脆性を伴う材料、 これら材料の機械的特性を見るには脆性=脆さの数値化が重要なポイントとなります。

粒子衝突のエロージョンとMSE試験

脆さを数値化する方法の1つがエロージョンです。
エロージョンとは水と粒子を混ぜたものを衝突させて、局所に集中応力を与えて 損傷を発生させるメカニズムのことです。
損傷量の違いを測り数値化することで、材料微小部の結合強度を示すものとされています。
MSE試験法は、このエロージョンをナノレベルの高分解能で精密に応用。
超硬質材であっても焼結材表面や薄膜のエロージョン強さを表面から深さ方向に分布として可視化できる特徴を有しています。

MSEの利用分野

超硬質材料及び脆性材料の研究・開発・品質保証・トラブルシュートと様々な現場で利用されています。

実際の試験結果をご覧ください

関連のMSE試験事例は、下記のホームページをご覧ください。

1.「2粒子試験でみる硬質薄膜と基材の特性」
http://www.palmeso.co.jp/caseHardness-2.html

2.「DLC超薄膜」
http://www.palmeso.co.jp/caseThinfilm.html

メールマガジン購読希望の方は下記からご連絡をお願いいたします。
メルマガ登録はこちら