設立趣意書

平成22年5月21日
代表取締役 松原 亨

2010年現在において、社会環境の大きなパラダイム変化が始まっています。
この変化は会社経営や技術創造や生活環境などあらゆる分野に不安と閉塞感をもたらし、
創造性を低下させています。
この様な時こそ、新たな行動を起す出発点と考え、新しい変革を生み出すべく、
特別な技術をバックボーンに「コト作り」を目指し、 それを広めることを目的に
会社組織として立ち上げ、活動致します。

今日までに研究開発で積み上げてきた「MSE技術」と「PWD技術」は内容が異なっていますが、
共にパルス(非線形)エネルギーを応用した方法にカテゴライズされます。
物理現象や自然界にはパルス的な挙動で成り立ったり、利用されているものが多くあります。
これはエネルギーや状態の制御性が良いことから自然発生的に生まれた根本であると考えられます。
この様な特長ある「パルスメソッド」を核に新しい「コト作り」を進化させ社会に提案・問いかけを致します。

目指す「コト作り」は「パルスメソッド」を基底知として置くことを柱として、以下を目指します。

  • 1.おどろきを提供する。
  • 2.おどろきを再循環出来る仕組みを作る。
  • 3.成長の場を提供する。
  • 4.田舎から世界を標榜する。
  • 5.楽しむ。

5つの実現に向かって組織のベクトルを合わせた上で一つ一つを実行し積み重ねてゆきます。
楽しむは結果からでる心理目標です。
自己実現・家族実現・取引先実現・会社実現としだいに目標レベルを上げたとしても
それぞれ「楽しむ」を外さないことを意識します。

小さく生んで質を目指しすこしづつ成長します。
ビジネスは営利を目的としますが、自分で稼いで自分で投資するという
自立循環可能な仕組みでもあります。
投資の範疇に社会貢献も当たり前として入り、事業自体がその枠組みに入るようにも目指します。
この様な未来の実現に向かって活動できる場としての会社組織の立ち上げに
御理解・御賛同と御協力をお願い致します。