鋼の表面処理の深さ方向の強度評価

同一材料の3種類の窒化処理を試験した事例です。
硬さ換算ソフトで、表面から深さ方向の強さ=硬さ分布が、各窒化処理で大きく異なることを可視化できました。

目的

浅い表面処理材料の表面から深さ方向の強度(硬さ)分布の特定

サンプル

サンプル

試験結果

1、エロ―ジョン進行グラフ

エロージョン進行グラフ

2、エロ―ジョン率分布グラフ

エロージョン率分布グラフ(深さの強さ分布を示すグラフ)

評価
  • 表面に弱い領域が存在し、強さや厚さは処理によって大きく異なることが判明
  • イソナイトは深さ4µmで最小エロージョン率(最大硬さ)になり、その後15µmまでエロージョン率が上がり(硬さが下がり)一定になっている
  • プラズマ窒化は深さ2µmで最小エロージョン率(最大硬さ)になり、7µmまで一定でその後15µmまで徐々にエロージョン率が上がり(硬さが下がり)一定になっている
  • ガス窒化は深さ8µmで最小エロージョン率(最大硬さ)になり、12µmまで一定で、その後20µmまで徐々にエロージョン率が上がり(硬さが下がり)一定になっている

MSE試験についての紹介はこちらをご覧ください
MSE試験とは

MSE試験の依頼をご検討の方はこちらをご覧ください
MSE試験依頼の流れ