樹脂・フィルムの強さ評価

目的

  1. 樹脂材料の強さ比較
  2. 材料表面の強さ分布調査
試験結果

各種樹脂(成型品・加工品)の表面~内部の強さ分布を取得
全体の平均エロージョン率で比較

評価
1.材料固有の強さが明確になる。

応用例)・材料選定時のスクリーニング
・処方・成型条件と強度の関係

2.表面から内部の分布を可視化できる。

応用例)・成型時の変質層特定
・製造プロセス中の能力調査
・表面改質効果の確認
・熱・紫外線・オゾン等での劣化度調査

試験結果詳細

1、エロ―ジョン進行グラフ

投射粒子量(投入エネルギー量)に対する エロージョン深さ(損傷量)のプロット

  1. グラフの傾きが小さいほど強い。
    各材質固有の強さがあることがわかる。
  2. グラフが直線に近いほど均質なことを示す。
    PA6は曲がりくねっている。

2、エロ―ジョン率分布グラフ

各深さにおけるエロージョン率(強さの指標)のプロット
(エロージョン進行グラフの傾き)

  1. 材質毎の強さの差を拡大表示。
    ・2桁の差が存在する
  2. 縦軸に平行なほど均質である。

MSE試験についての紹介はこちらをご覧ください
MSE試験とは

MSE試験の依頼をご検討の方はこちらをご覧ください
MSE試験依頼の流れ